株式会社茶利は常に地域に密着した企業でありたいという考えから、現在は荒物家庭用品・畳関連資材・介護用品等の卸商社として営業いたしております。

株式会社茶利

感謝の気持ちを忘れません

沿革

安政02年03月01日 小田原市栢山(現在の地名)に生をうけた米山利八は小田原の豪商に奉公する。そして後、中山大地主の地所を買い求め、中山利八となる。小田原市多古25番地に茶屋利八商店を開業し、海産物や乾物を主体として江戸(現東京)方面へ商いをする。そして、次第に商売を広げて荒物雑貨・乾物・畳表・農具等の卸・小売業を始める。
昭和24年03月02日 四代店主 中山光太郎が組織変更をなし、株式会社茶利商店となり、資本金100万円にて発足し、初代の代表取締役社となる。
昭和31年03月02日 資本金300万円に増資する。
昭和40年01月30日 資本金1200万円に増資する。
昭和40年03月16日 定款の一部変更し、中山光太郎は取締役会長に中山幸太郎が代表取締役社長に就任する。
昭和41年01月30日 資本金2400万円に増資する。
昭和41年02月01日 社内組織を改革し、日用品事業部、畳材事業部、花王部の3部門を設立する。
昭和42年06月01日 花王部を独立させ、資本金300万円の西湘花王製品販売を設立する。
昭和42年12月22日 本社を小田原市多古548番地に移転する。同時に社名変更をし、株式会社茶利となる。
昭和50年05月01日 小田原卸商業団地へ進出し、同時に本社を移転する
本社所在地:小田原市鬼柳138-23
昭和50年12月18日 畳材事業部を扇町3-14-18に移転する。
昭和52年11月30日 中山清子が6代目代表取締役社長に就任する。
昭和63年03月01日 共同仕入団体の株式会社中央ホームズに加盟する。
平成07年03月28日 中山善夫が7代目代表取締役社長に就任する。
平成08年02月01日 介護業界への進出をはたし、シルバー事業部を設立する。
平成13年05月01日 シルバー事業部において燻蒸設備一式を本社内に設置し、介護機器用品の自社レンタル事業を開始する。
平成15年01月20日 畳材事業部において延床面積490坪のホイスト設備のラック式倉庫と建材畳床製造工場が竣工する。
平成17年03月31日 創業150周年記念事業として、シルバー事業部チャーリーケアの事業所・ショールーム(建坪95坪)を扇町3-14-21に新築竣工する。
平成17年06月01日 シルバー事業部チャーリーケアの自社レンタル介護機器管理倉庫(延250坪)が完成する。
平成19年07月01日 日用品事業部を扇町3-14-18に移転する。
平成24年05月01日 創業160周年の記念事業として本社ビルを扇町3-14-18に新築する。
合わせて畳材事業部も本社内にて営業する。